2014~2015にし阿波シクロクロス参戦記

2月22日(日)

2014~2015にし阿波シクロクロスに参戦して来ました。

この大会は去年から開催され、その時は応援、撮影、試走のみしてきたんです。
前日入りして、いろんなお店のうどん食べて、夜は焼き肉と、シクロ組の
慰労会みたいな感じで楽しかったんですよね。

で、今年。
にし阿波シクロクロスの日程がずれ、去年案内してくれたGENさんが
参加できなくなってしまった。
この時点で一旦は参加を諦めたんですが、去年主催した団体が開催を断念し、
急きょ関西シクロクロス実行委員会が開催することに。

それって、今後の開催はあるんだろうか・・・(汗

と不安になり、それなら今年走っておこう!
と、参加を決めたワケです。

さて、当日。天気予報は雨。
万全の防寒具、雨具を準備して会場へ向かう。
道中はほとんどが小雨、たまに強く降ったり止んだり。

このままだと一眼レフでの撮影は雨で浸水してキビシそうだな~。
とか思いつつ、会場へ到着。

IMG_1961_20150224230535c8d.jpg

ちょうど雨が止んでるみたい。
雨の降ってないうちに会場のチェック。

試走時間も降らなかった。てゆーか、回復方向?

午前中のレースの間も全く降らないどころか、日差しが出てきて日焼けしそうな勢い。

結局、たまにパラつくことはあっても雨具は全く必要ない暖かい気候に(笑)


さて、レース。
日差しがあって暑いくらい。急きょインナーを脱いで、半袖で走ることに!

人数も少ないのでC2とM1は同時スタート。

実はこの日のM1参加者は俺よりランキングが上位の選手が1人だけ。
しかものその1人が欠場らしい。

これは表彰台の可能性が高い!
もちろん、M1残留を掛けた選手たちのコンディションも上がってきているので油断は出来ない。
そもそも俺より上で走ってる人がケガとか体調不良、仕事の関係で練習出来ない、
とかの理由でギリギリな状態なんで調子を上げていれば追い落とされるワケですよ。
プレッシャーにも弱いので、出来るだけそんな話はしないでおく(^^;

そしてスタート!

前方にならんだC2の人たちと共に一斉に飛び出す。
ポジション的にはM1だけで4番手くらいかな?

takamaru_5386954920728177200_n.jpg
PhotoByTakamaru

1周目の7割程度まで走ったところでどうやらM1の選手は全て抜いた模様。

tanabe16002154973_e7c55a7b4b_o.jpg
PhotoByTanabe

普通ならここでプレッシャーに負けてミスを多発することろだが、
今回はC2の選手がまだ前にいるお蔭であまり気にならない(笑)

コースマーシャルをしている巨匠がプレッシャーを掛けてくるしwww

3周目あたりに入ると、リアの変速の調子がおかしくなる。
一つ重くすると3つくらい変速して激重になるし。

takamaru_3010060670747601741_n.jpg
PhotoByTakamaru

3つ落ちたから2つ上げるとか、ここは重いまま乗り切ってしまえ!とか、
そんな闘いしながらのレース。

tanabe16621524612_e81117119f_o.jpg
PhotoByTanabe

4周目くらいには階段担いで登ったあと、フロントのギアがインナーに落ち、
アウターに戻そうとするも、全然戻らない。半周位はインナーで走って、
気が付くとアウターに入るようになってた。

これで2位につけていたH部さんとの間隔が狭まった。
いつも通り後半になると、『コーナーが曲がれない病』が発症するので、
とにかくストレートを踏みまくる!

このコースの階段はなんかとても登りやすい。抜かれたC2の選手を階段で抜き返すって事が何度もあった。
他のところでは抜き返されたけどw

tanabe16436212969_ca48fe2c56_o.jpg
PhotoByTanabe

最終周もその階段とストレートで必死こいてゴール!、逃げ切りに成功!

【リザルト】M1
優勝(9人中)


地方遠征で上位ランカー不在という条件もあり、シクロクロスではでM1昇格以来の表彰台となりました。
そして、『チームきゃうちゃん』としても、大台ケ原HCカップルクラス以来、2度目の表彰台。真ん中は初めて!(^^)

GOM Encoder

遠くまで来た甲斐がありました。
今回も参加された皆様、スタッフの皆様、お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました!



テーマ : 自転車  ジャンル : 趣味・実用

シクロクロス東京2015参戦記

2月7日(日)

シクロクロス東京(マスターズクラス)に参戦してきました。

去年のように、金曜日夜に出発し、朝5時に開場駐車場に到着。
2時間弱仮眠してから試走に向けて準備を行う。

IMG_1165.jpg

コース外の砂区間を乗った感じでは、まっすぐなら乗れる感じ。
が、マスターズのレースが始まるまでには掘り返されてしまうんだろな。。。

試走は林区間を重点的に。最後に砂区間の直線だけは乗れるか試す。
勢い付けて乗ったら結構なスピードで走れた。が、その後の心拍の上がりようがハンパない。
蛇行区間で力入らないくらい消耗した(--;

マスターズの時間まで体力、とゆーか、酸欠を回復させ、召集場所へと向かう。
途中、なんと、ぐうたらさんと遭遇!出張ついでに観戦にきたそうな。応援いただけるとういう事でありがたい限り(^^)

IMG_1169.jpg

ぐうたらさんは前輪のタイヤを触ったりセッティングをチェックしてました。

その後はM1仲間で東京に赴任中のKさんともお会いしました。遠い場所で知り合いに会えるのは嬉しいですね(^^)

IMG_1181_20150210215156001.jpg

さて、ゼッケン、ICタグのチェックを終え、スタート地点へ。
申し込み順なんで俺は先頭列からのスタート。このアドバンテージは大きい。

IMG_1195.jpg

最後になに気に前輪のタイヤを触ってみる。

ん?

なんか、圧が下がってる!!

さっき、ぐうたらさんと会話してた時は何ともなかったのに!!

さすがにスターティンググリッドについてしまってはどうにもならない。

とりあえず、圧が完全に抜けるまでは頑張って、抜けきったら全担ぎだな。

意を決してスタート!

1コーナーは90度に曲がってすぐ砂区間。
圧の下がった前輪はさっそくズルズルとなって曲がりきれない。
インを突いてきた選手にそのままラインを譲ったが、なんとその選手が砂に入った途端に目前でコケる!

当然、俺も足止め。

そこから担ぎに変えて砂区間を走るが、今度は別の選手のペダルが俺のバイクに絡まって取れない!
その選手は強引に進もうとするが、絡まって取れない。声掛けてようやくその場に止まって知恵の輪外し。

かなり後方へと沈んだ・・・(--;

IMG_1218.jpg

が、ここからの担ぎで数名抜く。

林区間では圧の抜けた前輪がズルズルでコーナーが曲がれない。
狭いコーナーは降りてターン。この方が周りの選手より速かったり。

IMG_1268.jpg

二つ目の砂区間に入ると、逆に圧の抜けたタイヤがヨカッタのか、乗って走れる。
途中で止まったので押してランに切り替えるも、周りの選手よりも速く進めてる。

IMG_1289.jpg

そして砂の蛇行区間の担ぎは思ってた以上に速いペースでクリア出来た。

どうもスタート以降、前輪の圧は減ってない模様。
林区間のコーナーさえ我慢すればなんとかなる。

IMG_1323.jpg

フライオーバーの着地点はこのレースで一番前輪を押し付けるところ。
腕をサスペンション代わりに使ってこれ以上エア漏れしないように心掛ける。

砂区間でちょっとずつ順位を上げ、林区間で我慢を繰り返す。

IMG_1423.jpg

さすがに関クロM1の実力者N野さんが後ろに着いた時はパンクしてる旨を伝え、先に行ってもらう。
N野さんはチェーン落ちで順位を下げてたらしい。

おぉ!Jiroさんもスローダウン。後輪パンクとのこと。

最終周の林区間では後ろの選手に近づかれるも、砂区間で引き離しに成功。砂の蛇行区間は俺の味方だw

そして、舗装面の最終区間を抜けてゴール!

IMG_1553_2015021021521952b.jpg

【リザルト】マスターズ
10位(53人中)

1周目のゴタゴタと前輪の減圧があった割には、トップ10内という、上々の結果でゴールすることが出来ました。

車に戻って前輪の圧を測ってみると、0.6bar無いくらいの圧でした。
原因不明な減圧ではあるもののリムから外れず走り切れたのは、さすがIRCのチューブレスといったところでしょうか。

IRCのブースも出てたので、たまに起こる減圧について聞いてみたがそんな事象の報告はないらしく、あるとするならビードの上りが不完全とか、何かリムとの間に挟まってるからしいとのこと。
翌日バイクを持ってきてくれたら調べてくれると事でしたが、雨で車の荷物を出すのが困難だったため、そのまま帰宅させていただきました。担当の方、スミマセンm(_ _)m
とりあえず、ビードの上りをチェックしてみたいと思います。
またシーラントでごまかすことになるとは思うけど(^^;

何はともあれ、東京遠征からは無事帰宅できました。
応援、声援いただいた皆様、ありがとうございました~!(^^)


テーマ : 自転車  ジャンル : 趣味・実用

2014~2015関西シクロクロス最終戦(桂川)参戦記

2月1日(日)

2014~2015関西シクロクロス最終戦(桂川)に参戦してきました。

いよいよ、関クロも千秋楽!
ここは出し切って悔いのないレースにしたいところ。

開門時間に到着するように出発。
京都に入ると、何やら田圃が薄っすらと冬化粧。
さらに北上していくと、薄っすらじゃない程度には・・・(汗

会場到着。
コースは雪模様!



前日の試走の時も雪はパラついていたが、まさか積もってしまうとは・・・

が、この状態だったら午後には溶けるな。
朝と午後とではコンディションが全然異なると考え、朝の試走はパス。
軽めのランと午前中の応援カメラマン右往左往して身体は温めておく。

午後の試走は1周だけ。
この後、ローラーを回そうと思ってたが、バイク洗浄の水がちょうど流れてくる場所に駐車してしまい、ローラーは諦めた(--;

さて、M1スタート準備。

予想以上の泥で、レース進行が若干遅れてて微妙に慌ただしい。

ガラパさんがマイクなしで「スタートまで3分30秒ね!」と言ったのは聞こえたが、
そのあとは全然アナウンスがなく、いきなりスタートのピストル音!

さぁ、最終戦スタート!

いきなりのスタートだったが、素早く反応し、スタートを切る。
しかし、俺の並んだ右側が泥になってて、左側の芝生を走り抜けた人たちの後塵を拝す。

1コーナー抜けた時には半分くらいの順位か?

IMG_0430.jpg

ここからは抜きつ抜かれつを繰り返す。
若干抜いてる方が多いのかな?

IMG_0563.jpg

今回は苦手と思えるほどのコーナーがない。
ここはヤバイと思ってたコーナーは前日の三船スクールで攻略済み。

IMG_0643_201502062026236cd.jpg

中盤からはO村さんとデッドヒート!

IMG_0824.jpg

気が付くとN野さんに追いつき、3人でまたデッドヒートを繰り返す!

更にH川さんも視界見えてきた!

終盤、よくは覚えてないが、担ぎで差を付けた模様。
最終周は抜け出してはいるものの、H川さんになかかな追いつけず。

最終コーナー前の一番泥の重い区間でH川さんが進めなくなりランに切り替える。
イケル!と思い、その泥区間を自転車に乗ったまま乗り切ったが、
そのあとのH川さんのリカバリも速く、結局追いつけず。

そのままゴール!


【リザルト】
13位(43人中) 上位30%


今季最高順位タイにして、上位率は今季最高という成績で千秋楽を終えました。
出し切った感はある。よかった!

そして、M1の総合成績は19位。
去年より1つアップとなりました。

今季は昨季に比べれば、パンクしたレースを除けば平均して上位でゴールしていますが、全てが平均的に上がっただけではダメで、どこかで突出した成績がないと総合成績が上がらないという現実。
そして、M1選手のレベルが確実に上がっているというのも実感したシーズンでした。
来季、このままの実力では残留にすら危機感を持ってしまうくらいでした。
来季に向けて成長せなアカンよ、俺!

今シーズンも関西シクロクロスのスタッフの皆様、そして声援を送ってくださった皆様、
一緒に走った選手の皆様、そしてチームの皆様、本当にありがとうございました!

10960083_3o.jpg
PHOTO BY H.TAKAGI


【お知らせ】
このたび、関西シクロクロス最終戦をもちまして、『チームまんま』を卒業させていただく事になりました。
シクロクロスを3シーズン、実業団レースを1シーズンと短い間でしたが、チームの皆様、今まで大変お世話になりました。

今後は、シクロクロスは『チームきゃうちゃんシクロ班』、実業団レースは『ZAS Racing』で参戦予定です。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m



テーマ : 自転車  ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

MURA

Author:MURA
健康回復とダイエットのために2007年から始めた自転車と、ラーメン食べ歩きが趣味。聞けばいいのにとりあえず自分でやってみて、失敗してヘコみながら成長を続ける(はず)・・・

2010年10月にブログ名を『A MURMUR OF MURA』から改名。

愛車
Orbea ORCA(10')
Cannondale CAAD12(16')
Carrera BLADE(11')



チームきゃうちゃんメンバー
総監督:きゃうちゃん
自称ポタリンガー。自転車に関しては『永遠の初心者』を決め込む。俺の嫁さん。
メカニック:MURA
始業点検くらいのことはする!
あとはおっかなびっくり・・・
補給食マネージャ:ヒナえもん
自分の食べる分のマネージメントはピカイチ!

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック