第11回富士山国際ヒルクライム参戦記

6月15日(日)

第11回富士山国際ヒルクライムに参加してきました。



この大会だけは参加することはないと思ってました。
最大勾配22%、平均でも10%と、
とんだ激坂で、プロの人でもコンパクトクランクを使う人がいるとか。

が、去年のMt.富士ヒルクライムが終了し、
帰りの車の中で、

「この大会はもう卒業!」


と言いながら、きゃうちゃんが、

「じゃ、来年はあざみやな!ポタリンガーはどこまで登れるか!(爆笑)」

と、冗談まじりの会話をしていたワケですが、

マジで試すことになろうとはぁ~ぁ~ぁ~!!!


前日。

受付を済ませるが、到着が予定より遅くなり、時間的に試走が出来そうじゃない。
キツイのはわかってるし、前日に体力使って当日筋肉痛もシャレにならんしな・・・
前日だけどジャージにゼッケン、フォークにICタグをもう付けとく。



で、そのまま宿にチェックインし、
その近辺を軽く走るだけにしておいた。

素泊まりにしてたので夜は食べに外出。



高いお店だったが、美味しかったのでOK。


宿の駐車場に戻ると野生の鹿が集会をしていて驚いた(笑)
素泊まりであるにも関わらず、朝食用のパンがサービスされた。
ありがたや~!

さて、当日。



ウォームアップでローラーを回す。
比叡山ではアップが少なすぎたので倍くらいやっておこうと思ったが、
朝から日差しが強く、ちょっと回したら汗ダラダラ。
結局、少し多めに回したくらいでやめてしまった。

きゃうちゃんは、相変わらずウォームアップとは無縁。
「ポタリンガーはウォームアップなんてしないんです!」理論で今日も登る。。。

スタート地点に行くと、俺の次のクラスで走るK原さんに声を掛けられた。
K原さんは前日車でコース確認し、そのコースの苛酷さに絶望したそうです。
その手があったか・・・!!

整列がはじまり、スタート位置に移動が始まると、
KTNサイクリングOH’Sのkcさん発見!

お声掛けさせていただき、スタート地点までお話し。
kcさんは今回でこの大会5回目のベテランさん。

俺「今回初めてで試走してないんです。」

kcさん、その無謀さぶりに驚きを隠さず(笑)
やはり、無謀か・・・。
スタート前からかなり後悔・・・。

お互い、健闘を誓いあい、スタート位置に到着。



そういえば、kcさんに声を掛けたものの、
実はレースで同じ集団にいたとか、スレ違ったとかで、ブログのコメントで交流しただけで、
こうやってお話しするのは初めてでした。
ちゃんと挨拶もせず失礼しましたm(_ _)m


そして、いよいよスタート!

今回の目標は基準がないのでわからないが、とりあえず60分切り!

始めの約3kmは勾配9%から12%に変化するイヤーな直線。
出来るだけ先頭に付いて行くが、脚の回りがイマイチ。
ウォームアップ不足やな(--;

12%になり、気が付くと既にインナーロー(36×28T)使い切ってる。
これから15%~22%当たり前らしいのに大丈夫か?(汗

つづら折りに入ると、ようやく脚も回りだす。
自分の想定していたペースで回して走る。

そして、中盤の勾配22%がやってきた!
シッティングのままクリアしたが、この辺から脚が重くなる。

微妙な下りもあるが、基本は15%前後。
今となってはだいたい18%がメインだったイメージしかない。

目の前にゆるい勾配が見えてくるが、
そこにたどり着いても普通に10%。

これで2度ほど心が折れそうになる(--;

気を取り直して足踏みするようにペダルを回す。
後のクラスのK原さんが追い越して行った。早っ!
う~ん、ついて行けないな(汗

それにしても、カメラを載せたオートバイの行き来が激しいな。
特に気になるワケでもないが、別の選手が「邪魔だ!」とか叫んでる。
一瞬、俺が言われてるのかと思って後ろ振り返ったら誰もいなかったし(笑)

そして、終盤。
相変わらず足踏みするようなペダリングだったが、座る場所変えてみると意外に回せたり。
コースプロフィールがわかってないこともあり、脚を温存してしまったところもあるが、
ちょっとしくじったな。。。

ダンシングももう少し使えばよかったな・・・
と思いながら最後のコーナーをダンシングしつつ、ゴール!

サイコンを確認すると、1時間超えとる!(゜Д゜)

ゴールしてから止まるまでの時間も入っているが、60分切りはキビシイ感じか?!

とりあえず、荷物を取りに。
青いレジャーシートの上に荷物が・・・・

ない。

どうなってんのよ?!

とさらに探してみると、
アスファルトの区間にも置いてあることが判明。
ブルーシートもない上に、回りにゴールした選手がたむろっててわからなかった(^^;

そして、きゃうちゃんも最終コーナーを上がってきた!

IMG_0003.jpg

基本ダンシングできないきゃうちゃんはほぼシッティングで登って来たワケですな。
それはそれでスゴイ!詳細はきゃうちゃんのブログで(笑)

早々にリザルトが貼りだされた。

【リザルト】
男子Eクラス
21位(74人中) 1時間00分52秒


60分切りならず!orz
実業団で58分台で走ったガンジーが得意そうだ。ムカつくw

まぁ、コースプロフィールがわかったから次回走れば多分1時間切れるでしょ。
次回はないけどな!(笑)


下山は俺ひとり。きゃうちゃんは下れる自信がないとの事で、
バスに乗って下山。てゆーか、バスってこの坂登ってこれるんやな。


帰りはガンジーと一緒にサービスエリアで食事を済ませる。
ここでガンジーとは解散。
お疲れさんでした!

帰りの車中はいつも通りきゃうちゃんと反省会。

きゃうちゃん「去年のMt.富士ヒルクライムは途中で失速したのが心残りやねん。」

ん?

なに?来年、卒業したはずのMt.富士ヒルクライムリベンジ?!(汗


あとで判明したことだけど、
レース中、俺の近辺に、BSで放送してる、
「チャリダー」という番組から出場してる選手がいたようです。
それでカメラ持ったオートバイが行ったり来たりしてたんか。
もしかしたら、映ってるかもね♪





テーマ : 自転車  ジャンル : 趣味・実用

コメント



No title

シッティングだけで登るのはきゃうちゃんさんとカンチェラーラかな(笑)

カンチェラーラのシッティングでボーネンを置いて行く速さを
とある深夜番組で初めて見てビックリしました



No title

おつかれさまでした
こちらこそ、スタート前でテンパってて愛想なしですみませんでした。でも、MURAさんが参加されてて、びっくりしました。
しかし、あの激坂を事前情報もなしにあのタイムで上りきるとは、スゴすぎます!
ぜひ来年も富士山国際HCで会いましょう!



Re: No title

きのさん>

カンチェラーラとの絶対的な違いは、きゃうちゃんはホントにダンシングできないという事(笑)
私も見ました。その番組(^^)



Re: No title

KCさん>

お疲れ様でした(^^)
このコースだけはホントに下見、試走は必要ですね。反省です(^^;
ら、来年ですか?!う~ん、まだ考え中~です(^^;


コメント入力フォーム

Secret

プロフィール

MURA

Author:MURA
健康回復とダイエットのために2007年から始めた自転車と、ラーメン食べ歩きが趣味。聞けばいいのにとりあえず自分でやってみて、失敗してヘコみながら成長を続ける(はず)・・・

2010年10月にブログ名を『A MURMUR OF MURA』から改名。

愛車
Orbea ORCA(10')
Cannondale CAAD12(16')
Carrera BLADE(11')



チームきゃうちゃんメンバー
総監督:きゃうちゃん
自称ポタリンガー。自転車に関しては『永遠の初心者』を決め込む。俺の嫁さん。
メカニック:MURA
始業点検くらいのことはする!
あとはおっかなびっくり・・・
補給食マネージャ:ヒナえもん
自分の食べる分のマネージメントはピカイチ!

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック