第34回シマノ鈴鹿ロードレース参戦記

8月19日(土)、20日(日)

第34回シマノ鈴鹿ロードレースに参加してきました。

今年は5ステージメンバーから外れ、主に5ステージ参加メンバーのサポートをしつつ、影響のない範囲でレースに参加する事に。

5ステージのサポートの話しを書いてもしょうがないので、ここでは参加したレースにだけ触れておきます。


■【1日目】3周の部

申し込んだのがギリギリだったので並びは後ろのほう。
ひと組で150人近くいるってのも多いなぁ。

スタートしたらシケインを通過するまでに出来るだけ先頭へと移動。
レース中は先頭が見える位置で走る事を心掛ける。

20934874_1214690922011081_8338189134781324625_o.jpg

2周目まで特に問題なし。
2周目の終わり頃になるとスプリントポイント争いの選手で活性化する。
それに乗じてさらに前へ出て最終周回へ。
シケインを2番手通過し、先頭の選手の後ろに付き、後方を確認すると、

2人で『逃げ』になってるやん・・・(汗

逃げる意思は俺にはないので徐々に集団に吸収されつつスプーンカーブへ。
と思いきや、右横で落車発生。
将棋倒しのように俺の方向に落車の波が押し寄せて来たが間一髪回避!
が、回避行動により前方の集団から離れてしまっている。

ここから集団に追いつくために必死にペダルを回す。
この見えてるのに集団に追いつかない状況はホントに萎える(--;
スプーンカーブからヘアピンカーブまで全開で回しようやく集団に合流!

デグナーカーブからダンロップまでにちょっとずつ順位を上げるも上位には届かない感じ。
S字を通過しゴールスプリントへ!

意外と皆仕掛けが早いな!と思ってたら早い仕掛けに耐えられない人が結構落ちてきて先頭の見える状況でフィニッシュ。

【リザルト】3周の部
8位(146人中)


シングルでゴール出来ました。
集団に追いつくのに結構脚使いましたが、最終的にはいい結果w
しかし、10位まで入賞って知らずに賞状もらいに行きそびれた(>_<)

夜は恒例の松坂牛ホルモンをチームのみんなでいただきました♪

20914300_870188056473087_6534777834567957829_n.jpg


■【2日目】シマノ鈴鹿ロードレースクラシック

まさかのクラシック参加(笑)
去年まで国際ロードレースとして開催されていたレース。
そう、プロの選手たちと一緒に走るレース。

普通に、シマノレーシング、マトリックスパワータグ、チームUKYO、ブリジストンアンカー、宇都宮ブリッツェン、キナンサイクリングチーム等、国内のプロチームのほか、豪脚ホビーレーサーと共にスターティンググリッドにつく(汗

そもそも、今回のメインは5ステージのサポートなんで出来るだけ影響のないカテゴリのレース参加って事だったのだが、
朝早いマスターズ、5周の部はホテルのチェックアウトの関係でNG。
2周の部はさすがになぁ。。。参加費も他の種目と変わらないし。。。
と消去していったところ、クラシックが目に。。。「ない、ない!」と思っていたが、最近、よっぽどの事がない限り完走できるレース(上位には行けないワケだけど)ばかりだし、たまには一瞬の判断ミスで千切れてしまう首の皮一枚的な緊張感のあるレースもいいのではないか?しかも参加費も他と変わらんし!!(汗
となり、思い切って決断した訳です(^^;

周りに迷惑がかからないように走るのはもちろんですが、どこまで食い下がれるかが問題。

まずはスタート。プロ選手にスタートダッシュを決められるとそこで千切れる可能性もあるので、クリートキャッチも慎重に。
まずは無難に1周をこなす。
2周目は自己最高の7分31秒での周回。

20988245_1475247359221748_5978008385988093636_o - コピー

3周目。この周回は自分の集団追走最低ラインと決めていたがなんとかこなす。

20935025_1475246372555180_464960182084025886_o.jpg

チームメンバーにも『最低3周回』は伝えていたので集団でホームストレートを抜けた時はチームメイトからはすごい声援を貰った。
そして4周回目。
最低ラインと決めていた周回が終わり、どこか気が抜けてしまったのか、前の選手のちょっとしたブレーキングにタイミングが合わず、減速し過ぎ、集団から若干遅れる。
これを契機に集団との動きが合わなくなる。
右の選手、左の選手が俺の視界から後方へと消え始めた。その波に連れられるように千切れ始める。最後方付近にいるのはわかっていたが、一緒に追う選手がおらず完全に離れてしまい、これでジ・エンド。

20988175_1475247122555105_5271795279921036523_o.jpg

集団にうまく残っていればあと2周くらいは行けるくらいの脚は残ってたと思うがレース展開がダメダメだったという事でしょう。

この後は単独で1周、その後は後ろからきた選手とローテしながらもう2周してようやく足切り。合計6周してるが、最後の周はラインを踏んでいないため記録は5周。

【リザルト】シマノ鈴鹿ロードレースクラシック
DNF(-5LAP)


全く太刀打ちできないままレースは終了したが、それでも自分の糧になるものもあったし参加してよかったと思ってます。

5ステージのほうは今年もシード権を獲得し、来年も安泰です。
シマノ鈴鹿、皆様お疲れ様でした!


テーマ : 自転車  ジャンル : 趣味・実用

コメント


コメント入力フォーム

Secret

プロフィール

MURA

Author:MURA
健康回復とダイエットのために2007年から始めた自転車と、ラーメン食べ歩きが趣味。聞けばいいのにとりあえず自分でやってみて、失敗してヘコみながら成長を続ける(はず)・・・

2010年10月にブログ名を『A MURMUR OF MURA』から改名。

愛車
Orbea ORCA(10')
Cannondale CAAD12(16')
Carrera BLADE(11')



チームきゃうちゃんメンバー
総監督:きゃうちゃん
自称ポタリンガー。自転車に関しては『永遠の初心者』を決め込む。俺の嫁さん。
メカニック:MURA
始業点検くらいのことはする!
あとはおっかなびっくり・・・
補給食マネージャ:ヒナえもん
自分の食べる分のマネージメントはピカイチ!

FC2カウンター
カテゴリ
最新記事
リンク
検索フォーム
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック